SUPPORT

LIVE CAM DRONEに関するFAQ(よくある質問)

機体が左・右、前・後方向に流れてしまいます

機体の電源を入れた際、水平な場所に置かないと、正しく水平を検出できません。機体の電源を入れた後は必ず水平な場所に置いてから送信機の電源を入れてください。

 

フライト中に機体が流れるようになったり、傾いて正常に地上から離陸できなくなった場合はジャイロリセットをお試しください。


 1.機体をフライトできる状態にし、水平な場所に置きます
   ※ 自動離陸/着陸機能のON/OFFスイッチは、ON(黄色)の状態である事を確認して下さい


 2. 左スティックを右下、右スティックを左下を同時に保持します


 3. 機体のLEDが点滅後、点灯に変われば完了です



 

何度かぶつけたりした後から飛び方がおかしくなった(大きく左・右、前・後に勝手に飛んでしまうなど)

4枚のプロペラそれぞれに曲がりや折れがないか確認してください。プロペラは少しでも曲がりや折れがあると、正しくフライトできません。

プロペラを4枚とも変えても正しくフライトできません。プロペラの向きも確認しましたが・・・

4つのモーターの軸に曲がりはありませんか? 1箇所でも曲がっていると正しくフライトできなくなります。
 

壁などにぶつかったら動かなくなってしまいました・・・

LIVE CAM DRONEには強い衝撃が加わった際、動作が止まる仕組みになっています。 復帰させるには本体の電源を切った後入れ直し、水平な場所に置いてください。 その後Wi-Fi設定をして、再度バインドが完了すると操作できます。

フライト中にLEDが点滅し始めて、勝手に着陸してしまいました

LIVE CAM DRONEには電圧を検出して低電圧となった際に、過放電を防ぐためモーターのオートカット機構が働くようになっています。 LEDが点滅し始めたら速やかにフライトを中止して、充電するようにしてください。 LEDが点滅してしばらくすると、ゆっくりと降下して着陸しますので、安全な場所に着陸させてください。

機体の電源を入れてもWi-Fiのアクセスポイントが表示されません

本体のバッテリーが低電圧になるとアクセスポイントとして機能しません。充電を行ってから再度お試し下さい。
   

お問い合わせ

製品カスタマーサポート:03-6206-0059
電話受付:月曜日〜金曜日(祝日・夏期休暇・年末年始を除く)
受付時間:10:30 〜12:00 , 13:30 〜16:30
(弊社での修理・調整は行っておりません。予めご了承ください)