製品情報

ESC Option

PROGBOX

品番:G0017
JANコード:4580416430173
価格:¥2,800- (税抜)
2013年9月9日発売
 
すべてのチカラを、開放させろ
プログラミング、だけではない。

最高峰のESCのチカラを余すことなく引き出すことはもちろん、RCを楽しむシーンで必要とされる機能を兼ね備えたマルチファンクション・プログラムシステム。

さまざまな機能を実現するため、コンパクトなボディに必要なインタフェースを装備。

開放電圧の測定にも便利な、バッテリーチェッカー機能。レギュレーションを守るうえでも、バッテリーの管理のうえでも重宝する。

ESCのプログラム変更はもちろん、サーボテスターやリポチェッカーなど多くの機能を備えた6in1プログラムBOX。 TSシリーズの性能を極限まで引き出そう!

基本機能

1. ESC セッティング
2. LiPo チェッカー
3. スロットルポジションモニター
4. サーボテスター
5. モーターテスター(KV/RPM)
6. PC 接続用インターフェース

PROGBOX対応ESC

設定項目内容

項目 説明
Running Mode 前進、ブレーキ、後進など進行方向の動作を選択します。
Motor Direction モーターの回転方向を選択します。
Voltage Cutoff 動作を終了させる電圧を設定します。出荷時は3.2V/1Sです。
任意に設定される場合は合計電圧で設定します。
※1セルあたり3.0Vでカットする場合 ⇒ 6.0V(2セルの場合)
ESC Overheat Protection ESCの動作をカットする温度を設定します。
Motor Overheat Protection モーターの動作をカットする温度を設定します。
BEC Voltage BEC電圧を選択します(※TS160のみ)
受信機・サーボが7.4V出力に対応しているかを確認してください。
Punch Rate Switch Point 送信機スロットル操作範囲内のどのポイントで
1stパンチレートと2ndパンチレートを切替えるかを設定します。
1st Punch Rate 送信機スロットル操作前半部のスロットルパンチを設定します。
2nd Punch Rate 送信機スロットル操作後半部のスロットルパンチを設定します。
TH Input Curve スロットル操作に対するモーターの回転上昇率を設定します。
Throttle Dead Band スロットル操作の「アソビ」の部分を設定します。
Drag Brake ニュートラル時のブレーキの効きの強さを設定します。
Brake Strength フルブレーキ操作時の効きの強さを設定します。
Initial Brake ブレーキの効き始めの強さを設定します。
Brake Rate Switch Point 送信機ブレーキ操作範囲内のどのポイントで
1stブレーキレートと2ndブレーキレートを切替えるかを設定します。
1st Brake Rate 送信機ブレーキ操作前半部のブレーキレートを設定します。
2nd Brake Rate 送信機ブレーキ操作後半部のブレーキレートを設定します。
Brake Input Curve ブレーキ操作に対するブレーキ強度の上昇率を設定します。
Boost Timing ブースト効果の値を設定します。
Boost Start RPM ブーストをスタートさせる回転数を設定します。
Boost End RPM ブーストを終了させる回転数を設定します。
Turbo Timing ターボ効果の値を設定します。
Turbo Activation Method ターボ機能の起動条件を選択します。
Turbo delay ターボ起動条件に達してから、ターボが作動するまでの
タイムラグを設定します。
Turbo Start RPM ターボをスタートさせる回転数を設定します。
Turbo Open Speed 設定した値までのターボ効果の上昇率を設定します。
Turbo Close Speed スロットルオフ時のターボ効果の下降率を設定します。

製品仕様

入力電圧  6-10V DC
電流値 500mA
待機電流  < 20mA
動作可能温度 0-40ºC
保管場所温度 -10 - 60 ºC
動作可能湿度 10 - 90%RH
保管場所湿度 20 - 75%RH
本体サイズ 85x48.5x11.8mm
重量 40g
取扱説明書ダウンロード
日本語の取扱説明書(PDFファイル)をダウンロードできます。
ソフトウェアダウンロード
専用ソフトウェア「G-Force Link」ををインストールする事により、ESCやPROGBOXのファームウェアのアップデートが可能となります。